どこかで社会を動かしている ものづくりの価値を実感できる

設計
S.A.
天理工場 設計部/技手補
2015年度入社

私たちが創り上げているのは、社会に役立つものづくり

大学の就職担当の方に勧められたのがきっかけで当社への入社を決めました。家からも近く、同じ大学の先輩が10人以上働いていたことも理由のひとつです。
普段は、主に大型船舶で使われる特殊油圧シリンダや、主に土木工事・建築工事で使われる特殊油圧ジャッキを設計しています。街中やテレビでプレス機やクレーンなどを見かけると、自分が設計した機械は社会に役立っているんだと実感します。

学んだことを次に活かせる仕事をしていきたい

設計の仕事は、設計の知識さえあればできるものではありません。材料や加工、組み立てなどの知識も求められるので、幅広く勉強せざるを得ないところがあります。ですが、実際に知識が増えると仕事がしやすくなるという意味では勉強のやりがいがあります。入社以来、油圧シリンダ、油圧ジャッキの設計に携わってきましたが、そこで培ったノウハウを活かし、今まで手掛けていない製品の設計も手掛けていきたいと思っています。

先輩たちのバックアップで資格試験に合格

これまでの社会人生活でうれしかったのは、2年目に「油圧技能検定2級」の資格試験に合格したことです。先輩たちが講師として知識や受験のコツを教えてくれたことは大変ありがたかったですね。来年のはじめに同資格の1級の試験があるので、ぜひ合格したいと思っています。実務面では、展示会やセミナーなどに積極的に参加してスキルを高め、会社にもっと貢献できるようになりたいです。

経験豊富な先輩がそばについているので心強い

工場にはいくつかグループがあるのですが、忙しいグループがあれば他のグループの人が手伝うなど、助け合いの精神が息づいています。自分が困っている時も経験豊富な先輩社員が気づいてくださり、親切に手助けしてくれるのでとても心強いです。

OTHER INTERVIEW

PEOPLE01 : 営業
超えなきゃならない壁がある
それが僕を燃え立たせる
PEOPLE01  : 営業
PEOPLE03 : 製造
積み重ねた時間は嘘をつかない
難しい仕事だから誇りが生まれる
PEOPLE03  : 製造